済州観光公社ブログ

こちらは済州観光公社の公式ブログです。韓国済州島の観光・旅行情報をお届けします!質問等お気軽に。

済州島(チェジュ島)建築紀行 #伊丹潤の作品「バンジュ教会」

チェジュ島には日本を代表する建築家たちの作品があり、人気の観光地となっています。1月のおすすめ観光では、安藤忠雄の建築した維民(ユミン)美術館と本態(ポンテ)博物館をご紹介しましたが、今日は伊丹潤の作品であるバンジュ教会をご紹介します!

バンジュ教会【방주교회】

f:id:jejutour_jp:20190118171017j:plain

バンジュ教会はノアの方舟をモチーフとして造られた教会で、教会全体が水の上に浮かんでいるように見えるのが特徴です。

f:id:jejutour_jp:20190118171221j:plain

バンジュ(방주)は漢字で「方舟」と書きますが、教会をどの角度から見ても水の上に浮いているように見え、まさに舟のような建物です。

f:id:jejutour_jp:20190118171805j:plain

f:id:jejutour_jp:20190118171811j:plain

この日はとても暖かい日でしたが、池の表面には薄い氷が張っていました。

f:id:jejutour_jp:20190118172056j:plain

教会が水面に映り込んで本当に美しいです!しばらくじっと眺めていたくなります。

f:id:jejutour_jp:20190118172234j:plain

現在は諸事情により教会としては運営しておらず、建物の内部には入れないのですが、敷地には自由に出入りすることができます。この日も美しい教会を見るために観光客が訪れていました。

f:id:jejutour_jp:20190118172557j:plain

開放時間は平日の9:00~18:00で、観覧は無料です!近くには四季折々の花が楽しめるカメリアヒルもあります。お天気の良い日にぜひ一緒に訪れてみてください^^

バンジュ教会【방주교회】

住所:済州市 安徳面 山鹿南762番ギル 113(제주시 안덕면 산록남762번길 113)
電話:064-794-0611
時間:平日9:00~18:00
サイト:http://www.bangjuchurch.org/(韓国語

最寄のバス停「オンポ交差点(옹포사거리)」から徒歩2分。
 支線バス[緑] 752-2番 ※本数が少なく不便なので、タクシーのご利用をおすすめします。

 

済州観光について知りたいことがあれば、済州観光公社が運営している済州観光情報センターをご利用ください!チャットやお電話で日本語でお問い合わせいただけます^^

     ★日本語チャットサービス接続は下記URLからどうぞ!(9:00~18:00)
     ⇨ http://visitjeju.net/u/1MH(チャットサービスに直接接続♪)

     ★お電話でのお問合せは「+82-64-740-6000」まで!(9:00~18:00)

 

済州島旅行を計画するなら!
済州観光情報ポータルサイト↓
f:id:jejutour_jp:20170816131049j:plain
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
質問は済州観光公社SNSでも受付中!
Facebook-->https://www.facebook.com/visitjeju.jp/
Twitter-->済州観光公社 (@visitjeju_jp)
Instagram-->済州観光公社 (@visitjeju.jp)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

済州島(チェジュ島)アクティビティ #冬の登山に挑戦!「漢拏山登頂」

済州、そして韓国を代表する山、漢拏山(ハンラサン/ハルラサン)。高さは1950m、韓国で最も高い山です。一年を通して美しい姿を私達に見せてくれますが、雪に覆われた漢拏山はまた格別の美しさがあります。

そして、漢拏山の冬の登山も済州の人気アクティビティの1つです。今日は漢拏山の雪山登山をご紹介します!

漢拏山:城板岳コース【한라산:선판악코스】

f:id:jejutour_jp:20190117111906j:plain

漢拏山の登山コースは全部で5つありますが、頂上の白鹿潭(ペンノクタン)まで登れるのは城板岳(ソンパナク)コース観音寺(クァヌムサ)コースの2つです。

f:id:jejutour_jp:20190117110239j:plain

城板岳コースは片道9.6kmで4時間半程度、観音寺コースは片道8.7kmで5時間程度かかります。今回は難易度が少し低い城板岳コースをご紹介します!

漢拏山は季節ごとに入山と下山の時間制限が変わるので、以下の表を参考にしてください。今回は城板岳コースで頂上(東稜頂上)まで行くので、ツツジ畑待避所を12:00以前に出発、頂上からの下山は13:30以前にする必要があります。

f:id:jejutour_jp:20190117111133j:plain

頂上までは4時間半程度ですが、休憩や食事の時間なども含めて13:30前に下山するためには、余裕をもって城板岳コースの入口を7:30頃に出発するのがおすすめです。

また、服装や持ち物もしっかり準備しましょう!途中の山頂近くのツツジ畑待避所では、以前あった売店がなくなったので、食べ物や飲み物も準備してく必要があります。

以下は同僚がこの日の登山のために準備した服装と持ち物です。

・防水の登山ウェア、防水の登山靴、アイゼン、帽子、手袋、ザック、レインコート
・キンパ、カップ麺、お湯+カップ、コーヒー、チョコレート、イチゴ、ゴミ袋

f:id:jejutour_jp:20190117111830j:plain

アイゼンは登山靴全体を包み込む形のものを選びましょう。Eマートやロッテマートでも購入できます。

f:id:jejutour_jp:20190117111834j:plain

カップ麺を食べるためのお湯や箸も忘れずに。ゴミはすべて持ち帰りになるので、必ずゴミ袋も用意しましょう。

f:id:jejutour_jp:20190117111838j:plain

人気の漢拏山の登山コースだけあって、人がたくさんいました。1時間20分ほど登ったところに「ソッパッ待避所(속밭대피소)」があります。東屋のような小さな休憩所ですが、こちらで水分やエネルギーの補給を行ってください。

f:id:jejutour_jp:20190117111911j:plain

さらに1時間40分ほど雪道を登ると、「ツツジ畑待避所(진달래밭대피소)」に着きます。

f:id:jejutour_jp:20190117111902j:plain

こちらで持参したキンパやカップ麺などを食べて休憩します。ゴミはきちんと集めて持ち帰りましょう♪ しっかり休憩をとったら、再び頂上を目指します。

f:id:jejutour_jp:20190117111842j:plain

さらに1時間半ほど登ると、いよいよ山頂が見えてきます。すごい人ですね…やはり冬の漢拏山登山は人気です!!

f:id:jejutour_jp:20190117111846j:plain

 こちらが山頂にある噴火口「白鹿潭(ペンノクタン)」です!これを眺めるために噴火口の周りに人がいっぱいです!

f:id:jejutour_jp:20190117111857j:plain

1950mの高さから眺める景色です!雲が本当に近い!

f:id:jejutour_jp:20190117111853j:plain

山頂での景色を楽しんだら、いよいよ下山です。13:30以前に下山できるように気をつけてくださいね。

冬の漢拏山登山、いかがでしたか?山頂まではちょっと…という方は、ウィッセオルムまで登る「霊室(ヨンシル)コース」「御里牧(オリモク)コース」「トンネココース」もあります。また、「城板岳コース」の途中にある「沙羅(サラ)オルム」まで行くのもおすすめです。

※沙羅オルムまでの登山については⇨こちらのブログをご覧ください^^

漢拏山国立公園城板岳探訪案内所【한라산국립공원성판악탐방안내소】

住所:済州市 朝天邑 516路 1865(제주시 조천읍 516로 1865)
電話:064)713-9950
サイト:http://www.jeju.go.kr/hallasan/index.htm日本語あり)

最寄のバス停「オンポ交差点(옹포사거리)」から徒歩2分。
幹線バス[青] 281番急行バス[赤] 181, 182番

  ※181番で済州バスターミナルから乗換なしで40分程度
       ※182番で西帰浦バスターミナルから乗換なしで45分程度

済州観光について知りたいことがあれば、済州観光公社が運営している済州観光情報センターをご利用ください!チャットやお電話で日本語でお問い合わせいただけます^^

     ★日本語チャットサービス接続は下記URLからどうぞ!(9:00~18:00)
     ⇨ http://visitjeju.net/u/1MH(チャットサービスに直接接続♪)

     ★お電話でのお問合せは「+82-64-740-6000」まで!(9:00~18:00)

 

済州島旅行を計画するなら!
済州観光情報ポータルサイト↓
f:id:jejutour_jp:20170816131049j:plain
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
質問は済州観光公社SNSでも受付中!
Facebook-->https://www.facebook.com/visitjeju.jp/
Twitter-->済州観光公社 (@visitjeju_jp)
Instagram-->済州観光公社 (@visitjeju.jp)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

済州島(チェジュ島)体験旅行 #工場ツアー「漢拏山ソジュ工場」

韓国のお酒といえば「ソジュ」こと韓国焼酎、そして済州のソジュと言えば「漢拏山(ハンラサン)」です!透明の瓶に青いラベルが印象的な「漢拏山」ですが、今回は工場ツアーに行ってきました♪

漢拏山ソジュ工場ツアー【한라산소주 공장투어】

f:id:jejutour_jp:20190115101540j:plain

「漢拏山ソジュ」では、漢拏山ソジュの歴史や製造過程を見ることができる工場ツアーを行っているのですが、なんとこのツアー、今年の2月末まで無料なんです!!もちろん工場ツアーに外せない試飲もあるので、これはもう行くしかないです♪

f:id:jejutour_jp:20190115101703j:plain

ツアーは事前予約制で(金)(土)(日)のみ開催しており、ホームページの予約ページで予約できます。工場の生産ラインが動いているのが見られるのは金曜だけなので、参考になさってください! 

f:id:jejutour_jp:20190115101942j:plain

山積みになったコンテナの横を通り過ぎ、工場の建物の方に行くと、青いエレベーターが見えます。このエレベーターを上って2階に着くと、工場ツアーのカウンターがあり、予約の名前を確認してリストバンドを受け取ります。

ツアーの時間になるまで、カウンター横のギャラリーを見て過ごしてみましょう。

f:id:jejutour_jp:20190115102949j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115103108j:plain f:id:jejutour_jp:20190115103104j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115103112j:plain f:id:jejutour_jp:20190115103116j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115103237j:plain

ソジュの瓶の形に切り抜かれたキュートなカードももらいました^^

時間になったところで工場ツアーのスタートです♪

f:id:jejutour_jp:20190115103338j:plain

職員の方が漢拏山ソジュの歴史をわかりやすく話してくれます。会社の創立は漢拏山の高さ1950mと同じ1950年なんだそうですよ!思わずツアー参加者も「へーっ」となりました(笑)。説明は韓国語ですが、写真や絵がたくさんあるので、韓国語があまりわからなくても楽しめると思います^^

f:id:jejutour_jp:20190115103822j:plain

漢拏山ソジュの3つのブランド「漢拏山オリジナル」「漢拏山オルレ(以前のスナンソジュ)」「ホボクスル」。どれも済州島の天然水を使用しており、澄んだ味わいが特徴です。

温度によっても違った味が楽しめるオリジナルがやはり一番人気ですが、笹の葉の香りのするオルレは飲みやすくて女性にも人気だそうです。

f:id:jejutour_jp:20190115105947j:plain

こちらのホボクスルは度数が35度と高く、ソジュ好きの方におすすめです。ロックやソーダ割りで飲むのも美味しいそうですよ。ちなみに、オリジナルは21度、オルレは度の17.5度数となっています。

f:id:jejutour_jp:20190115103803j:plain f:id:jejutour_jp:20190115103816j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115103758j:plain

製造過程も見学して20分程のツアーが終わった後は、いよいよお待ちかねの(?)試飲タイムです!

f:id:jejutour_jp:20190115110122j:plain

おしゃれなバーで試飲セットを受け取ります。お酒が飲めない方や車でいらした方には、済州の笹の葉茶やみかんジュースも用意されているのでご安心を^^

f:id:jejutour_jp:20190115110439j:plain

こちらが試飲プレート。漢拏山オリジナル、ホボクスル、トニックウォーターと済州黒豚のポークジャーキー、済州みかんマドレーヌがセットになっています。

f:id:jejutour_jp:20190115110443j:plain

漢拏山オリジナルはいつも変わらぬ王道の美味しさでした(笑)

f:id:jejutour_jp:20190115110448j:plain f:id:jejutour_jp:20190115110452j:plain

黒豚ジャーキーは柔らかくてとっても美味しかったです!マドレーヌもみかんの皮が入っていていい香りでした。スイーツも意外とソジュと合うという新発見♪

f:id:jejutour_jp:20190115110808j:plain

度数35度のホボクスルはやはりとっても強かったので、トニックウォーターで割ってキウイシロップとモヒートシロップを混ぜ、カクテルのようにしていただきました。

f:id:jejutour_jp:20190115110434j:plain

爽やかなテイストに変身してとっても飲みやすくて美味しかったです!

試飲セットをしっかり楽しんだ後は、隣にあるギフトショップへ。漢拏山ソジュをモチーフにしたギフトから済州らしいお土産物まで揃っていて、とても充実していました!

f:id:jejutour_jp:20190115111626j:plain f:id:jejutour_jp:20190115111635j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115111643j:plain f:id:jejutour_jp:20190115111639j:plain

f:id:jejutour_jp:20190115111630j:plain

そして、スタッフは先程食べた済州黒豚ジャーキーを発見し、自費で購入しました(笑) いや、ほんとに美味しかったんですよ!

f:id:jejutour_jp:20190115112214j:plain

ショッピングまで楽しんだら、屋上に上がってみましょう。この日はあいにく曇り空でしたが、屋上からは翰林(ハンリム)の海と飛楊島(ビヤンド)が一望でき、海風がとても気持ちいいですよ~^^

冬の済州で室内観光をされたい方、お酒好きで済州のソジュを味わってみたい方、ぜひツアーに参加してみてくださいね!前回ご紹介した水仙祭りが開催中の翰林公園からも近いので、一緒に回るのもおすすめです♪

漢拏山ソジュ【한라산소주】

住所:済州市 翰林邑 翰林路 555(제주시 한림읍 한림로 555)
電話:064-729-1958(工場ツアー問い合わせ)
ツアー日程:(金)(土)(日)の13時/14時/15時/16時
      ※下記ホームページから事前予約。最大20名まで受付。
      ※2月末まで無料。3月以降の料金設定は未定。
サイト:http://www.hallasan.co.kr/index.php(韓国語)

最寄のバス停「オンポ交差点(옹포사거리)」から徒歩2分。
 幹線バス[青] 202番/ 支線バス[緑] 781-1, 782-1, 783-1番など(本数が少ないです)
 ※202番で済州バスターミナルから1本で来られます(所要時間は1時間15分程度)。

 

済州観光について知りたいことがあれば、済州観光公社が運営している観光案内センターをぜひご利用ください!日本語で電話やチャットでのお問い合わせが可能です^^

     ★日本語チャットサービス接続は下記URLからどうぞ!(9:00~18:00)
     ⇨ http://visitjeju.net/u/1MH(チャットサービスに直接接続♪)

     ★お電話でのお問合せは「+82-64-740-6000」まで!(9:00~18:00)

 

済州島旅行を計画するなら!
済州観光情報ポータルサイト↓
f:id:jejutour_jp:20170816131049j:plain
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
質問は済州観光公社SNSでも受付中!
Facebook-->https://www.facebook.com/visitjeju.jp/
Twitter-->済州観光公社 (@visitjeju_jp)
Instagram-->済州観光公社 (@visitjeju.jp)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –