済州観光公社ブログ

こちらは済州観光公社の公式ブログです。韓国済州島の観光・旅行情報をお届けします!質問等お気軽に。

チェジュ島"椿の花"名所紹介1

チェジュ島にも椿の花が綺麗に咲く季節がやってきました。

本日は椿の名所を紹介します。

カメリアヒル

f:id:jejutour_jp:20161130114852j:plain

ドラマやCFの撮影地としてすっかり有名になったカメリアヒル。

 

f:id:jejutour_jp:20161129091939j:plain

“星から来たあなた”の1シーン。綺麗な椿の花をバックに撮影されたり、

出所:http://blog.naver.com/i_lovejeju/40207505077

 

f:id:jejutour_jp:20161129091958j:plain

出所:http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000675670

少女時代のユナがカメリアヒルで撮って話題になりました。

 

f:id:jejutour_jp:20161130114608j:plain

カメリアヒルの現在の椿はこんな風に咲いてます。

ちなみに椿の花の花言葉は「控えめなやさしさ」なんですって。

 

カメリアヒルまでのアクセス

※バスに乗っていくのは結構大変なので、どうしてもバスに乗って行きたい!という方だけ参考にしてみてください!

f:id:jejutour_jp:20161201134519j:plain

バスに乗ってカメリアヒルに行くには済州市外バスターミナルから782番バスに乗り、

상창보건진료소(上倉保健診療所)というバス停で降ります。そこから940番バスに乗り換えて동백동산(冬栢東山)というバス停で降りればOK。目の前がカメリアヒルです。

 

f:id:jejutour_jp:20161201134748j:plain

940(循環)バスの時間表。倉川-->カメリアヒル|カメリアヒル-->倉川

バスの数が少ないので私は상창보건진료소から歩いてカメリアヒルまで行きましたが、

かなり時間もかかるのであまりおすすめはしません。

(済州市に戻るときは循環バスに乗って、상창보건진료소まで行って781番バスに乗り換えました)

 

f:id:jejutour_jp:20161201140029j:plain

入場料

大人(20~64歳):7,000ウォン

青少年(14~19歳):5,000ウォン

子ども:(満3歳~13歳):4,000ウォン

軍人/満65歳以上:4,000ウォン

障がい者/国家有効者:4,000ウォン

 

公式サイト:http://www.camelliahill.co.kr/

 

f:id:jejutour_jp:20161130154837j:plain

f:id:jejutour_jp:20161201140050j:plain

現在のカメリアヒルはこんな風に照明で綺麗で装飾されて雰囲気のある散歩道を歩くことも可能です。

 

f:id:jejutour_jp:20161201140140j:plain

カメリアヒルは山の方に位置しているのもあり冬はとっても寒いです。

カメリアヒルの散策コースの終わりに温室カフェがあります。ここで冷えた体をあたためましょう。

 

f:id:jejutour_jp:20161130114621j:plain

カメリアヒルでだけ飲むことできる、“椿茶”はいかがですか?

 

f:id:jejutour_jp:20161201140206j:plain

かわいらしいおみやげも売っていますよ。 

 

チェジュ島"椿の花"名所紹介は“2”に続きます!

 

アクセス

住所:済州特別自治道西帰浦市安徳面サンチャン里271

アクセス:済州市外バスターミナルから782番バス乗車-->상창보건진료소(上倉保健診療所)停留場にて940番(循環)バスに乗り換え-->동백동산(冬栢東山)停留場にて下車。

(済州市に戻るときは940番(循環)バス-->781番バス)

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

質問は済州観光公社SNSにて受付中!

Facebook-->https://www.facebook.com/visitjeju.jp/

Twitter-->済州観光公社 (@visitjeju_jp) | Twitter

Instagram-->Jeju Tourism Organization (@visitjeju.en) • Instagram photos and videos

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –