済州観光公社ブログ

こちらは済州観光公社の公式ブログです。韓国済州島の観光・旅行情報をお届けします!質問等お気軽に。

世界自然遺産 コムンオルム登山!

f:id:jejutour_jp:20161111094632j:plain

ユネスコ世界自然遺産に登録されている済州島のコムンオルム(거문오름)

済州島のオルムの中ではとっても有名オルム!登らないわけにはいかないということで、オルム登山の様子と登山マナーも含めて紹介します。

 

f:id:jejutour_jp:20161111100443j:plain

コムンオルム

海抜456メートル、済州島の朝天及び旧左地域にあるオルムで国家指定文化財天然記念物、ユネスコ世界自然遺産に登載されている。

コムンオルムは北東側の山の斜面が開いたひづめ型の噴石丘の形であり、様々な火山地形がよく発達している。

2007年に世界自然遺産に登録されて以来毎年国際トレッキング大会が開催されている。

 

f:id:jejutour_jp:20161111094451j:plain

 コムンオルムに登るには事前予約が必須!

問い合わせ:064-710-8980~1

※定休日毎週火曜日、旧正月、秋夕(旧暦8月15日)

インターネット予約:http://wnhcenter.jeju.go.kr

※インターネット予約は前日午後5時まで可能

入場チケット受け取りの際は身分証明書が必要なのでそちらも忘れずに~

 

f:id:jejutour_jp:20161111102306p:plain

そしてそして、重要なのが服装!

コムンオルム登山には、ヒールの高い靴は禁止

登山をするのには、あたたかく、丈の長い登山服は必須です

[写真出所:가방팝 이야기 :: : 네이버 블로그]

 

f:id:jejutour_jp:20161111103555j:plain

 コムンオルムには食べものの持ち込みも禁止されています。(※水のみ可)

 ゴミはぜったいに捨てないでください!

 

f:id:jejutour_jp:20161111105549j:plain

コムンオルム探訪コースは全部で3つ!

頂上コース:1時間所要。

噴火口コース:2時間30分所要。-->今回登りました。ガイドさんおすすめコース。

全体コース:3時間30分所要。

 

f:id:jejutour_jp:20161111103719j:plain 

コムンオルムに登り始めてすぐ「243個の階段」があります。

コムンオルムで一番大変な場所ですが、この先ここより大変なところはないのでご安心を~

 

f:id:jejutour_jp:20161111105507j:plain

 オルムの上からはその他のたくさんのオルムが見えます。

 

f:id:jejutour_jp:20161111110056j:plain

f:id:jejutour_jp:20161111110100j:plain

 2時間30分の噴火口コースでは頂上コースでは見ることのできない自然の様子を目にすることができます。

 

f:id:jejutour_jp:20161111111356j:plain

夏は涼しい風が、冬はあたたかい風が出てくる風穴や、

 

f:id:jejutour_jp:20161111110106j:plain

この岩はコムンオルムの噴火口から飛び出した火山弾なんですって!

 

自然の神秘を感じられるそんなオルム登山だったのでした。

ちなみにオルム登山の後は足のマッサージをすることをおすすめします!(笑)

 

f:id:jejutour_jp:20161111110113j:plain

コムンオルムの出発・終着地点にある

済州世界自然遺産センター」。済州島の自然に興味のある方は見学してみては?

 

BUSアクセス

済州市外バスターミナルから210-1、220-1番バス乗車-->コムンオルム入口(거문오름입구)停留場にて下車-->済州世界自然遺産センター(제주세계자연유산센터)まで徒歩16分

(所要時間:約1時間、1,150ウォン)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

質問は済州観光公社SNSにて受付中!

Facebook-->https://www.facebook.com/visitjeju.jp/

Twitter-->済州観光公社 (@visitjeju_jp) | Twitter

Instagram-->Jeju Tourism Organization (@visitjeju.jp) • Instagram photos and videos

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –